2015年10月08日

著作権について

こんばんは、エイト(こまめ)です。
この度、ご報告くださった方々、ありがとうございました。
以前こちらの画像等の使用についてはメール等でご連絡いただいていたので、
報告なしの使用についてはネットモラルおよび、著作権法に従っての注意喚起になりますm(_ _)m

私はpixivも、ツイッターも、フェイスブックもやっていないので、その事実を見ることは出来ませんが、報告内容をふまえ、注意を促させて頂きました。

著作権法というのは法律で決められていて、ネットだから許されるという物ではなく、むしろインターネット普及にあたり、これらを侵害する率が高くなっているようです。
少なくとも、画像を掲載しているサイトや、運営会社の規約というものがあるので、それに反することをしないように、その部分を見ておくのが大事ですね(^^)
また、これは一次創作、二次創作共に与えられている権利で、その創作物を「作った人」に与えられる権利です。
なので、二次創作だから使用しても許される、ということは決してないのです。
ただし、二次創作は一次創作側の黙認等の恩恵で運営されている物がほとんどです。
二次創作側は著作権はありますが、一次創作の著作権をも守りながら運営していくことが大事ですね。
(もし一次創作側から二次創作禁止が出た場合、潔く止める覚悟も必要です)


以前、画像を無断に使用したと、会社から百万単位を請求された人の話がありました。
軽い気持ちで自分のHPに掲載しただけと本人は思っていたようですが。
その後どうなったのかは分かりませんが、訴えられたら怖い・・ということが良く分かります。

昔の人が細かいとか、最近の人は自由にやっているとか、そういうことを言ってしまう人もいますが、最近の人でもきちんと守っている人もいますし、昔の人でもいいかげんな人は沢山います。
結局は、相手を困らせないで、楽しくインターネット生活を送れたらいい、ということなんでしょうね(^^)

しかし、皆さんの検索力というか、発見力は凄いですね(>w<)◎
それとも、画像検索エンジンの凄さかな?なんにせよ、凄い能力ですね。
posted by エイト(こまめ) at 02:18| Comment(2) | 雑談

2015年09月07日

人間を描くときのコツについて

こんばんは、エイト(こまめ)です。
ちょっと間が開いてしまったのですが、漫画の更新はまた続けていきたいと思います。

さて、今回ちょっと質問をいただきまして、私の描き方になりますが、お返事したいと思います。
完全なプロではないのですが、こんな感じと思っていただけると嬉しいです(^^)

【人間を描くときのコツについて】

 まず、慣れが必要であるとか、もともと出来るとかその辺りはおいておいて、
@立体的に描く
人物のコツ1.jpg

 上手下手もおいておいて、人間も背景も物体も皆、遠近法で構成されています。
 全てのものに正面があって、それ以外は俯瞰構図(見下ろし)と見上げる構図で構成されています。
 上の絵で簡単に説明していますが顔を正面とした場合、それより下は俯瞰図になります。
 それより上は見上げる構図になり、首や靴下のような、丸みをおびた線を描いていきます。

 今回、腕については手前に少し上げる感じに描いたので、見上げる構図になっています。

 例のように、服にボーダーラインがあると良く分かります。横線は俯瞰等の立体を構成しやすいので、立体図を描く時は多用するといいと思います。

Aアウトラインで構成する
人物のコツ2.jpg

こちらは多少慣れが必要となりますが、デッサンの基本である、輪郭線で形を取る方法です。
普通人体は、頭、体、肩、手、腰、臀部、足等で構成され、それぞれのパーツを理解して絵を描くという基本があります。
ただ、それだと非常に時間がかかり、途中で飽きてしまうこともあります。
それらをふまえた上で、とりあえず人間のアウトラインだけを描くというのも一つのコツだと思います。
アウトラインを取ったあとに、それぞれのパーツを線でつなぎ合わせると、意外に人間の形がとれたりします。

B特徴を付けて描く
男と女の二つの性別がこの世にありますが、それぞれの体つきはけっこう違います。
色んな書物にも明記されていますが、男性は固くまっすぐに、女性は柔らかく丸めに描きます。
アルファベットのZが男性で、数字の2が女性という感じかな。

男女の差をきちんと描くことも、人間を描くためのコツだと思います。
少し極端になるくらい、女性を丸っぽく、男性を直線に描いてみましょう。


・・・こんな感じになります。もちろん、立体でない人間を描くこともあるので、こちらはあくまでも奥行きのある人間を描く方法として、参考にしていただけたらと思います(^^)☆

それでは拍手お礼です。毎度訪問ありがとうございます★

続きを読む
posted by エイト(こまめ) at 22:47| Comment(0) | 雑談

2015年07月26日

ありがとう、マザー2!

なんだか終わってしまいそうなタイトルですが違います。
マザー2を作ってくれてありがとう!もう一度社長に感謝を込めて。

tuitouillust.jpg

マザー2はゲームでありながら、色んなエンターテインメントをみんな詰め込んだようなそんな贅沢な作品です。奥が深いですね。

マザー2OP


オープニングは、アニメのオープニング的な演出が楽しいです。

マザー2END


エンディングのイメージはミュージカルのエンディングや映画のスタッフロール感抜群です。


さて、来年もまた、マザー2の手帳が発売されるようで楽しみです。
今年のオネットに引き続き、来年は・・どせいさんの谷のようです。サターンバレー!

来年はどせいさんの手帳

正式発表は8月、発売は9月からだそうです。今年も買わないと!
糸井さん、嬉しいことをしてくれてありがとう〜(^_^)◎

それではまた、comeback!mother2をどうぞよろしく☆
posted by エイト(こまめ) at 22:29| Comment(0) | 雑談