2015年09月07日

人間を描くときのコツについて

こんばんは、エイト(こまめ)です。
ちょっと間が開いてしまったのですが、漫画の更新はまた続けていきたいと思います。

さて、今回ちょっと質問をいただきまして、私の描き方になりますが、お返事したいと思います。
完全なプロではないのですが、こんな感じと思っていただけると嬉しいです(^^)

【人間を描くときのコツについて】

 まず、慣れが必要であるとか、もともと出来るとかその辺りはおいておいて、
@立体的に描く
人物のコツ1.jpg

 上手下手もおいておいて、人間も背景も物体も皆、遠近法で構成されています。
 全てのものに正面があって、それ以外は俯瞰構図(見下ろし)と見上げる構図で構成されています。
 上の絵で簡単に説明していますが顔を正面とした場合、それより下は俯瞰図になります。
 それより上は見上げる構図になり、首や靴下のような、丸みをおびた線を描いていきます。

 今回、腕については手前に少し上げる感じに描いたので、見上げる構図になっています。

 例のように、服にボーダーラインがあると良く分かります。横線は俯瞰等の立体を構成しやすいので、立体図を描く時は多用するといいと思います。

Aアウトラインで構成する
人物のコツ2.jpg

こちらは多少慣れが必要となりますが、デッサンの基本である、輪郭線で形を取る方法です。
普通人体は、頭、体、肩、手、腰、臀部、足等で構成され、それぞれのパーツを理解して絵を描くという基本があります。
ただ、それだと非常に時間がかかり、途中で飽きてしまうこともあります。
それらをふまえた上で、とりあえず人間のアウトラインだけを描くというのも一つのコツだと思います。
アウトラインを取ったあとに、それぞれのパーツを線でつなぎ合わせると、意外に人間の形がとれたりします。

B特徴を付けて描く
男と女の二つの性別がこの世にありますが、それぞれの体つきはけっこう違います。
色んな書物にも明記されていますが、男性は固くまっすぐに、女性は柔らかく丸めに描きます。
アルファベットのZが男性で、数字の2が女性という感じかな。

男女の差をきちんと描くことも、人間を描くためのコツだと思います。
少し極端になるくらい、女性を丸っぽく、男性を直線に描いてみましょう。


・・・こんな感じになります。もちろん、立体でない人間を描くこともあるので、こちらはあくまでも奥行きのある人間を描く方法として、参考にしていただけたらと思います(^^)☆

それでは拍手お礼です。毎度訪問ありがとうございます★

続きを読む
posted by エイト(こまめ) at 22:47| Comment(0) | 雑談

2015年07月26日

ありがとう、マザー2!

なんだか終わってしまいそうなタイトルですが違います。
マザー2を作ってくれてありがとう!もう一度社長に感謝を込めて。

tuitouillust.jpg

マザー2はゲームでありながら、色んなエンターテインメントをみんな詰め込んだようなそんな贅沢な作品です。奥が深いですね。

マザー2OP


オープニングは、アニメのオープニング的な演出が楽しいです。

マザー2END


エンディングのイメージはミュージカルのエンディングや映画のスタッフロール感抜群です。


さて、来年もまた、マザー2の手帳が発売されるようで楽しみです。
今年のオネットに引き続き、来年は・・どせいさんの谷のようです。サターンバレー!

来年はどせいさんの手帳

正式発表は8月、発売は9月からだそうです。今年も買わないと!
糸井さん、嬉しいことをしてくれてありがとう〜(^_^)◎

それではまた、comeback!mother2をどうぞよろしく☆
posted by エイト(こまめ) at 22:29| Comment(0) | 雑談

2015年07月22日

追悼3

こんにちは、エイト(こまめ)です。

岩田社長の追悼はこれで最後に。
でもいつまでも、マザー2とともに社長のことを思っていますm(_ _)m
そして、漫画を終わらせるようにがんばりまーす。(あくまでも勝手に描いているだけですが)

さて、マザー2漫画も進んでいかなければいけないですね。
ただいま終盤のオネット。ゲーム内でもちょっと怖いところです。
序盤中盤はあんなに面白くて変なことがいっぱいあったのに、今はなんだかちょっと緊張が走ります。
ギーグ戦はとても恐ろしいのですが、ちょっと描くのが楽しみです。
怖すぎず怖く描けたらいいですね。

さて、この後ようやくネス達と絡んでくるポーキーについて。
前にもブログに書きましたが、私が思うポーキー像は「純粋な悪」のイメージです。

ただ、この悪も二つの過程で生まれてしまったような気がします。
一つは、悪戯や、悪ふざけが増長して出来てしまった悪。
そしてもう一つは、潜在意識の中にある善な心が、既に表に出ることを拒んだ、そんな感じで生まれてしまった悪です。
原因はおそらく色々あるのでしょうが、ゲーム内では全く語られていません。
環境を見るに、おそらく・・という感じですが。

私はポーキーは、そんな風にゆがんで生まれてしまった悪の象徴として描いていこうと思っています。
そして、自分でも収集がつかなく、そしてつける気もない悪の生み出した結末・・。
また続きをがんばります(^_^)◎


それでは追悼コメントを。毎度訪問ありがとうございます★
続きを読む
posted by エイト(こまめ) at 14:32| Comment(0) | 雑談