2020年05月25日

SNSに立ち向かうには

こんばんは、エイト(こまめ)です。
最近のSNSにての中傷記事を見て、色々考えさせられるこの頃です。
長く続いている情報化社会の弊害を、今更ながらに感じますね。
自分もずっとハンドルネームでサイトを運営していますが、実際の自分を出すことはいろんな意味で危険だと思っていますし、訪問してくださってる方々も周知のことだと思います。
なので基本、匿名でいられるというのは非常にありがたいことです。
で、匿名の利点「自分のことを出さずとも趣味等を表に出せる」という部分を大いに使い、現在も自由にサイト運営している次第です。

ホームページはSNSとは違い、コミュニケーションを目的にしないで運営できます。
で、現在コミュニケーションツールとして世に浸透しているのがSNSであり、昔から言えば2ちゃんねる、5ちゃんねる掲示板、Mixi、フェイスブック、インスタ、ツイッターなどが挙げられていきます。
これは人と人とのつながりを持てる非常に画期的なツールだと思います。
でも、これらを楽しいことに使うのではなく、相手を困らせるために使う人がいる。
誹謗中傷というのは、そういう人が行う非常に迷惑な行為ですね。

大本には、匿名であるという安心感があります。
自分の素性がばれなければ、何をしてもいいという発想。
その顔が見えない匿名という状況が、発言者の気分を高揚させ、舞い上がらせ、図に乗らせていきます。

世の中にはびこる誹謗中傷の一番の原因は、自分の発言を我慢しない環境(SNS)が出来たことです。
SNSのおかげでつぶやきとか思ったことを書く場所が増え、それをしたい人が苦労せずにいつでもできるようになりました。
そしてSNSの発展とともに、どんどん発言が簡単にできるようになっていきます
そして人々の反応もすぐに返ってくるので、ますます楽しくなっていきます。
そして、思ったことをそのまま、相手にお構いなしに出すのが平気になります。

普通、自分の意思を持つこと、はっきり意見を言えることはとても大事なことです。
でもそれを勘違いしてしまうと、ただの独りよがりの自己満足な考えになってしまいます。
「自分はこんなに意思があって、こんなに思ったことを言っているんだ!」と自分を出すことを我慢しないでいる状況は、個人としてはとても気持ちよく、達成感があると思います。
でもそれは逆に、その言葉の向こうに人がいることを忘れてしまっている状況を作っています。

結局は自分のことが大事すぎて、相手への思いやりをなくしている、こういう人が増えているんですね。
自分のストレス発散を優先し、自分の心地よい環境を作るために誰かを非難する。
普通に考えると、自分が幸せになるために、人を不幸にする・・。

ものすごく怖いというか、あり得ない発想ですね。
で、その発言が出っぱなしで、責任を取らないでいる。
その向こうで発言を見ている人のことなど気にしないでいる。
おそらく自分が天下を取ったような気分でいるのだと思います。

この勘違い中傷者をなくす(退治する)にはどうするか。

@下剋上・・・中傷者にやられた者たちを集め、束になってやり返す
A運営罰則・・・SNS側に通報し、罰則をしてもらうのを期待する
B今のところ黒くなっているSNSから足を洗う・・・コミュニケーションツールが白くなるまで待つ
C連絡ツール化・・・必要最低限以外の発言はしないようにする
D演技・・・違う自分を演じ続ける
Eオウム返し・・・中傷があったら、おんなじ言葉を投稿する。
F無視・・・徹底的に無視
G定型文を作る・・・普通の人には普通の言葉を、中傷者には「おかけになった電話番号は現在使われておりません」等の定型文扱いをする。
H逃避・・・SNSの世界とは違う世界へ行く。SNSをしていない人達と付き合う。
I防御・・・鍵かけ等、出来得る限りの防御を行い続ける

使える要綱はあったでしょうか?
ほとんどはIもしくはFではないかと思います。
実際、中傷者を追い払うのに必要なのは「根気」だったりします。
無視や別扱いにするのもそうですが、いなくなるのを待つのは根気がいります。

一番いいのは、管理をしっかりしてくれるSNSの会社を選ぶことです。
でも現在、一番使われているツイッターもインスタも、対応は微妙ですね。
実際私はツイッターもインスタもしていないので、どういう感じかはわかりませんが、
中傷が平気で流れ続ける状況があるだけでも、恐ろしいと思っています。

なのでSNSをしている人は凄いなあと思います。
常にいろんなことを発信してそれを楽しみ、お互いにやり取りをする。
まるで海で悠々と泳いでいるお魚のごとくの生き生きさを感じます。
対比すると自分はいけすの中の金魚だなあ。

でもそんな生き生きした魚も、中傷者という密漁者に狙われたらとても大変ですね。
なので、鋭い角を出して戦うとか、別の生き物に変身するとか、違う海へ移動するとか。
自分の身は自分で守らなくてはいけません。

でも実際一番大事なことは、自分のポリシーを捨てないことだと思います。
自分がサッカーが好きなら、好きであることをやめないこと。
絵が好きなら、描き続けること。
ケーキが好きなら、食べ続けること。
自分な好きなことに自信を持っていれば、邪魔する人も自然といなくなると思います。
中傷者が一番嫌いなのは、相手にされないことと、動じない人です。
そしてあきらめない人です。

結局最後は根気に至っちゃうんですけどね。
何事も楽しく継続が一番ですね☆

posted by エイト(こまめ) at 01:51| Comment(0) | 雑談

2019年04月30日

さらば平成!

あと15分ほどで平成が終わりますね。
まるで大晦日の如く、新聞のテレビ欄は去りゆく年号を偲んでいます。
来月は令和のはじまり。
でも最近年号より2019年呼びの方が多いので、慣れるのに時間がかかりそうです。
とりあえず、平成さようなら〜(>w<)/


posted by エイト(こまめ) at 23:48| Comment(0) | 雑談

2017年08月18日

サイトの変遷

こんばんは、エイト(こまめ)です。
お盆も終わり、学生以外の皆さんは元の生活(?)に戻られた頃でしょうか。
まだまだ暑かったり変動的な天気に悩まされたりしますが、それでも一日一日を大事に過ごしていきたいものですね。

さて、友人と久々にサイトの話とかしてちょっと懐かしかった話を。
私が運営しているマザー2のサイトですが、作成当初からほとんど変えていないデザインになっています。
HTMLとしては超基本の表でのみ作っていて、色も単色の背景です。
マザー2が単色赤というわかりやすいデザインで良かったです(^^)☆

当時友人が、スタイルシートやフレーム、FLASH全盛の時代にずいぶんシンプルなのにしたね、と言っていましたが、このときはとにかく運営しやすいサイトにしたいというのが私の目的だったような気がします。
特にスタイルシートを使用したサイトは当時のPCによっては、変なデザインに変更されてしまったりしたので、ちょっと使うのを躊躇していました。
とりあえずマザーサイトは漫画を簡単に更新出来るようにしたかったので、古いPCでも見られるような、余計なものがないデザインにしました(^w^)
でもこれは今になって考えるとアタリだった気がします。
アップロードすらけっこう時間が取れないと徐々に感じるようになる今のことを考えると、ちょうどいい感じの判断だったのではないかと思います。

でも今現在はスマホが登場したために、当時主役だったFLASHを使用しないサイトが一般に求められるようになりました。これも仕方がないことかもしれませんが、見る画面が小さいため、逆に凝った作りのサイトは大画面仕様で作られていて古く感じる・・とか。当時の私たちが聞いたらびっくりするようなことばかりです。
友人曰く、「流行に乗るって本当に、新しいと古いを両方体験することになるよね。」まったくです。
当時非常にお洒落なサイトを運営していた友人でしたが、日々求められる自分のデザイン変更に飽きてやめたそうです。それでも今やっていたら自分のサイトはもの凄く時代を感じるだろうと。
昔流行った、マウスカーソルに光がついてくるとか、確かに懐かしい仕様かもしれませんけどね。
なにより、スマホで動作がまともに出来るかが不安だということです(^^;)

でも実際にはFLASHがモバイル用の開発を断念してしまったので、本当に終焉に向かってしまいました。
こんなに早くFLASHが終わりになる時代が来るとは驚きです。やはりAPPLE社のジョブズが一番の原因だったのでしょうか。

現在友人が新たに始めたブログは、ほとんど画像のないシンプルなものでした。
でもスマホとPC両方で見られて更新できると喜んでいました。
今は機能的に優れたサイトの方が便利な気がします。
もちろん動的サイトを作れるHTML5も登場していますが、また覚えると思うとなかなか大変ですね。

時代の変遷を感じますね。


posted by エイト(こまめ) at 01:55| Comment(0) | 雑談