2019年07月13日

どうもありがとうございます291

こんばんは、エイト(こまめ)です。
今年の夏は少し涼しい気がしますね。7月に入ってますがまだ梅雨です。
昨年が異常気象だったので、これが本当は普通なのかな?
体調に気をつけてがんばりましょう☆

さて、ブログにはほとんど懐古的なものばっかり書いていますが、これからもそのまま書いていきます(笑)
今のこの瞬間も、明日になれば昔になってしまいます。時間って不思議ですよね。
過ぎたくなくても勝手に過ぎてしまうし、新しい時間がまたやってくる。
人生ってなんにもしてなくても過ぎてしまうので、少しでも何か形を残したいですね★

●やっぱりJAMがいいね。
私は色んな曲を聞きますが、最もはまってた時期はロックばかりでした。
その中でもやっぱり自分の元祖はジュディマリ(JAM)だなあと改めて思い、最近聞いています。
個人的に一番好きなのは「風に吹かれて」ですが、ジュディマリと言えばやっぱり「そばかす」ははずせないですね。昔アニメで放送されていた「るろうに剣心」の主題歌です。

●JAM そばかす


そしてブルーティアーズ。この動画は本当の初期の頃のYUKIですが、バンドブームの典型と言った感じのスタイルで懐かしさが溢れてます。
この曲でJAMを好きになった人も多いですね。私もしょっちゅう聞いています。

●jam ブルーティアーズ


この頃のバンドは特に口パクとは無縁の世界で、歌や歌詞、演奏はもちろん、ボーカルの声量と音感と歌のうまさと、ステージを魅せるパフォーマンスに命をかけていた、すばらしい時代でした。
息切れをしつつも全力で歌う様がとにかく、圧巻というか凄まじい熱狂ぶりでした。
JAMのYUKIは特に声量とスタミナ、声の安定感については特筆すべき物があった気がします。
ガールボーカルバンドは沢山あり、特に初期に出ていたレベッカに影響されたバンドは山ほどありましたが、その中でもJAMはその波に乗って、数々の名曲を出しながら駆け抜けていった、つむじ風のようなバンドだと思っています(^w^)b

JAMはYUKIの歌ももちろんですが、他のメンバーの演奏が独特でそれもまた楽しめました。
それにしても良い楽曲ばかりで毎度感心させられます。
今聞いても古さを感じさせないのは凄いです。


それでは拍手お礼です。いろいろ遅れてすみません。
そして、毎度拍手およびコメント、ありがとうございます★


●6/27の00時さん
 深夜ですがこんばんは!返信遅れてすみませんですm(_ _)m
 けっこう間が開いていましたが、ようやくちょっとずつですが更新はじめてました★(^^)v
 不定期でも進めていく予定です。がんばりまーす。
 さて、ボルヘスの酒場に、まさかというかやっぱりのこの人の登場でしたね。以前はモノトリーの片腕となっていたあの親子・・。
 父親は落ちぶれ、長男はどこかへ。女房は男を連れ込むとかもはや救いようもない家庭。
 ピッキーの今後がただ、心配ですね。
 
 子供の成長や性格は親次第といいますが、まさにそれを絵に表したような家庭ですよね。
 ネスやネスの家に対する嫌がらせも、しつこくつきまとう(というか先回りして)悪事を働く粘着性も、本当に嫌な奴の見本のようなポーキーでした。
 でもやっぱり親が率先してあれなのは、ポーキーにとっては不幸そのものでしたね(>_<)

 そうですね。結局はポーキーの「家庭のあり方」が全てだったんでしょう。
 最初からどうしても自分には手に入れられない、家族の暖かさ。
 お金はあるけれど、お金では買えない「本当に欲しいもの」は最後まで買うことは出来ませんでした。
 長男なのに、いえだからこそ、ポーキーは同じような長男であるネスを、うらやましく思っていたのかもしれませんね。これがピッキーだったら少し内容は変わっていたかもしれません。
 マザーの愛情・・マザー2はそんな、「二つの家庭のマザーの存在」の違いを表したゲームでだったんでしょうね(^w^;)そう思うとちょっと切なくなりますね。

 私たちも大人にどんどんなっていくと今まで見えていなかったもの、感じていなかったものを見たり感じるようになりますね。マザーはまさに、そんなゲームな気がします。

 コメントどうもありがとうございました!そしてまた更新お待ちくださいね(^w^)b 


●7/8の12時さん
 深夜にてこんばんは!プーのかっこよさに気付きましたか!おめでとう〜(^w^)b
 なによりも漫画のプーをかっこいいと言ってくださり嬉しいです。
 彼はもともとかっこいい皇子なので、それが発揮出来たことを嬉しく思います。
 イメージはやっぱり中国拳法ですね。
 中国の「少林寺」の映画を見ると、皆の迷い無い拳法がとにかくかっこよくて、その主役をしたジェット・リーのイメージがプーのイメージです。
 漫画の方ではもう故郷に帰ってしまいましたが、またたびたび登場する(かもしれない)プーをまた、どうぞよろしく☆です(>w<)v


●7/10のサトカさん
 深夜になってます、こんばんは!(^^)b
 わあ、大変嬉しいコメントに恐縮しちゃいます。二次創作でそう言って頂けるのは本当、嬉しいですね。
 糸井さんが素敵な話を作ってくださったおかげでもあります(>w<)
 長い年月かけて描いているせいか、内容がけっこう細かいですよね。
 そして一気に引き込まれてくださりありがとう〜☆

 ネスはゲーム内では全くしゃべらないので、性格は皆さんそれぞれ思う所があるようなのですが、そう言っていただけて嬉しいです。ヒロインと良い感じになるにはやっぱり男の子らしい方がいいかなあと。
 スマブラなどを見るとやっぱりタフさは半端ないなあと思ったり(^^)
 なのでかなり筋肉質のイメージがありますね。

 あはは、ポーラはそこまで可愛くなってるんですね、嬉しいです。
 金髪碧眼というだけでも可愛いのですが、この子は凄く可愛い感じの台詞がいくつかありました(>w<)b
 その辺りを膨らませると、こんな感じの女の子になりました。
 他の二次創作の方も、ポーラを「可愛く描くこと」に心血を注いでいる・・そんな感じがしますね☆

 プーを格好良く感じて頂いてとても嬉しいです。
 彼は登場も遅く、雰囲気も異国的ですが、皇子としてにじみ出るかっこよさを出したいと思っていました。
 プーは年上なので、皆より落ち着いたところがいいですよね(^^)
 決断のネス、精神のポーラ、緻密なジェフ、そして冷静なプー。そんな彼らのイメージがありますね。

 わあ、こちらこそ、ステキなコメントをありがとうございましたv(^w^)v
 まだ続く漫画ですが、徐々に更新していく予定なのでまたお待ちくださいね〜☆


それではまた、comeback!mother2をどうぞよろしく☆
 
posted by エイト(こまめ) at 02:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: