2019年05月30日

どうもありがとうございます290

こんばんは、エイト(こまめ)です。
漫画の更新お待ちください☆
間が開いているので「ほほ、本当に更新するの?」と思われそうですが、しまーす(^^)v
時間が足りないのを言い訳には出来ないのですが、私の動きも昔よりかなり遅くなりました。
まだそんな年ではないのですが、エスカルゴがかたつむりくらいの速度になりました。
というのは冗談で、単にやることが多いんですよね。うーん、忙しい。
趣味もゆっくりと出来ないのは残念。ご飯食べるより漫画描いてる方が楽しかったりするんですけどね。
時間が48時間あったらそれでそれなりに、また用事が増えるんだろうなあ・・。

さて、三日前は懐かしいバンド、zardの坂井泉水さんの命日だったそうですね。
私が学生の頃、このグループが全盛で、もの凄く人気がありました。
ちょうどスラムダンクのアニメを放映していて、B-ING系が世間を台頭していた頃かなあ。
恐らく私の知りうる限り、音楽業界でこの人を超える人はいないだろうと思われるくらいの、美女でした。
本人はそれを嫌い、あまり露出をしなかったという恵まれているけれどそうではない感じの方でした。
美しいのは坂井さん自身にとっての罪だったんですね・・・(^^;)

ただzardの曲はとてもいいものが多く、今でもスピッツと同じくらい聞いています。
今の曲を聴かないわけではないのですが、歌詞や曲、歌う人の個性がはっきり出ている平成の曲がやっぱり好きかなあ(^^)
最近の人で個性的と言えば「あいみょん」ですが、雰囲気が椎名林檎の東京事変と似ているなあとか思って聞いています。東京事変の曲は転調しまくりで、非常にかっこいいですね。
あいみょんの毒々しい歌詞は最近の人たちの好みでしょうか。
聞く度に、一度死んで生まれ変わってしまいそうな勢いです(笑)

zardの曲は、個人的には遠い日のノスタルジア、Oh My Love、I Still Remember、Seasonが好きかな。
ただ、映像的にかわいさあふれている「好きなように踊りたいの」がビジュアル的に一番好きですね。



ジージャンとミニのパンツという、今また流行っているスタイルですが、この人はもとレースクイーンをしていただけありスタイルがいいです。というか、本当にきれいな人ですねー。
さわやかなきれいな声も印象的です。
美人薄明という言葉が思いついてしまうのは、なんかちょっと切ないですね。


さて、HPトップに掲載しているネスたちの最強装備ですが、一応プロットは以下のようになります。

saikyou(parts).jpg

クリックすると大きくなります。
漫画を描くときは武器のプロットはあまりたてず、漫画にしてから実体を起こすことが多いですね。
特にジェフの武器はレバーを引くとミサイルとレーザーが同時に出るとか、内部構造は全然わからないのですが、想像してみるだけで楽しいですね★

それでは大変遅くなってしまいましたが、拍手お礼を。
毎度不定期運営なこのサイトに来ていただき、感謝しております(^w^)



●5/13のせんべえさん
 こんばんは!大変返信遅くなってしまいましたが、まず一言☆
「お疲れ様、そしておめでとうございます」(^^)w
 まさに今月母の日でしたね。新米お母さん、おめでとう!
 家に新しい家族が増えて、喜びと慌ただしさと、責任感と、そして新しい空気に溢れていると思います。
 親になるって毎日が色んな発見の連続ですよね。だいぶ落ち着かれたようで良かったです。
 首が据わるとちょっと一安心ですよね。首が緩い時って、赤ちゃんを抱く手の緊張感が半端ないですし。
 でも確かに、自分が親になるってなんか信じられないですよね。
 しかも自分の分身ですから、その可愛い子は。夢かと思っても現実にいるのが不思議ですよね(^v^)
 わあ、ネスのお母さんのスタンスを込めた名前ですか!いいですね。
 ポジティブにあきらめない、そんな明るい未来を想像したくなります。
 せんべえさんのお子さんが元気に育ちますように。

 そうそう、漫画は途中でとまっていますが、ネスとポーラのお礼参り・・じゃなかった、軌跡巡り中ですね。 マザー2の良いところはたくさんあるけど、この最後の部分に「終わりよければ全てよし」が凝縮されている気がします。
 多くのRPGは最後は皆が集まってコングラッチュレイション、一斉解散とか、その後をダイジェストに見せるのが多いと思うのですが、マザー2は順番に別れていく過程にリアリティを感じます。
 プーは唐突ですがプーらしい別れ方を、ジェフはある意味一番納得いく別れ方を、そしてポーラはまさかの一緒に旅を出来る別れ方になりますね。
 旅の終わりをその足で感じながらの別れだからこそ、余計に寂しくなるんでしょうね。

 お母さんになると、今度はネスやポーラのママの視点でネス達を見ることが出来ますね。
 確かに、自分の子供が世界を救う旅に出るなんて・・考えられないですよね。しかも宇宙一の悪と戦って、しかも戻ってこられるか分からないという。
 ただ、その事実を知っているのはアンドーナツ博士だけで、ママ達はそこまでは知らなかった・・かもしれない。でも知っていたとしても、ネスのママは「ネスちゃんなら大丈夫よ」って言うんでしょうね。
 ポーラのママなら「大丈夫カミサマがついてる」でしょう。あそこはパパが心配性ですが(^w^)

 そんな親に、せんべえさんもきっとなれるはずです。
 子供を心配するのは親の責務であり自然な気持ちですが、一方では信じる気持ちもありますよね。
 それに子供はいつかは旅立っていくもの。自分たちがそうであったように。
 でも生まれてまだ沢山お世話が必要な子供がいるうちは、頑張って子育てに従事ですね☆
 
 ちょっと停滞気味でまだ先は長いですが、漫画の続きをお待ちくださいね。
 そして、ネスのママのように、バーベルあげるごとくの体力作りにはげんでがんばってください☆
 子供はあっという間に大きくなりますよね。体力勝負ですね。
 昨日のおむつがもうはけない、そんな成長を期待します(笑)


それではまた、comeback mother2をどうぞよろしく☆
posted by エイト(こまめ) at 02:11| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
エイトさんこんばんは(^^)
寒暖差が激しい日々が続いていますね。
お互いに日射病や夏風邪には気を付けていきたいです☆
マザーシリーズをやっている方々は心が広いので、漫画のほうはエイトさんのペースでOKです♪

令和の時代に入りまして、度重なる交通事故や通り魔の凶悪事件には心が痛みます。
ネス達の年で亡くなったら残ったご遺族は泣くに泣けない顛末です。
僕の子供だけで登校などの外出させたくはないですが、でも外出しないと子供の成長にならないと複雑な気持ちです(><)
今ではTwitterやFacebook、LINEといった気軽にコミュニケーションがとれる便利なモノがある反面に一人一人を一生懸命関わることが無くなってきているから、平気で事故や事件が起きてしまうのかなと僕は思います。

ZARDいい曲ばかりですね♪
鉄板は「負けないで」ですが、スラムダンクがでてきた以上は「マイフレンド」も外せないです(^^)
ZARD、B'zや中島みゆきさんなど必要以上に表舞台にはでないところがいい感じです。
今は無くはないですが、90年代〜2005年あたりまでは名曲揃いでした♪

絵コンテ見させていただきました☆
不思議なフライパンは縁の部分も2色に分けて綺麗な凸凹を演じているところにエイトさんならではのこだわりが垣間見れます。
ガイアビームはビームを出すまでを想定して緻密に描いていたのがうかがえます。
またSFCのマザー2の説明書に女神の腕輪と王者のバンダナのイラストがありまして、よくアレンジできたなと感服です(^^)
ぽえーんのリボン…遊び心がありまして好きです(笑)
全てのグッズを書きたいですが書ききれなくなってしまうと思うので、またの機会にとお願いします(^o^)
今回の件は本当にありがとうございます!

漫画のほうはおあついですね(笑)
もっとラブラブになれる場所が控えているので楽しみです。
ストーン・ヘンジあたりからネスとポーラは大人びたようにも見えてかわいいです(^^)
それでは応援しています!ハロー!そしてグッドバイです!
Posted by ミジンハ at 2019年05月31日 19:38
●ミジンハさん

こんばんは!お返事どうもでーす。
毎度お待たせして申し訳ないですが、お言葉に甘えてマイペースで続けようと思っています。皆さんの優しさに感謝(=・⊂・=)ぽえーん☆
とはいってもそろそろ更新★ですね。

令和はどんな年になるかと期待しているのですが、おっしゃるとおり恐ろしいニュースばかりで毎日身が縮む思いです。
現にミジンハさんがコメントくださってからも、毎日のようにあり得ない事故・事件が起こりまくっていますね。
今まで表に出なかった内容が出るようになったのか、それ以上に事件が起こるようになったのか・・。

ああ、その通りかなあと思いますね。
便利なツールの傍ら、意思疎通の減少、安易な判断や認識、思慮の浅い生活・・等。
恐らくそういった「便利で軽い考え」が、こういう日常で当たり前に行うはずの注意深さを、見失わせているのかもしれません。

私も運転しますが、右折車の乱暴な割り込みは毎日「起こるだろう」と思っています。

子供さんが小さいと特に心配ですよね。なぜあの人達は子供達の集団に突っ込むんでしょうか。
不思議でなりません。

特に、今の子供達が自由に走ったり遊んだり出来なくて体力が落ちてしまっているのは、ひとゆえにこういう行動を起こす方々が巷にいるせいだということは、みんな分かっているんですけどね・・(>_<)

ネス達の年齢はこれから成長していく一番大事な時期。なんともいたたまれないですね。


ZARDは良い曲多いですよね。
スラムダンクと言えば、「マイフレンド」忘れちゃいけませんね。「世界が終わるまでは」と一緒にカラオケの定番だった気がします。
負けないでは、坂井さんが決めた歌い方で、印象が変わったというエピソードがあったりします。

表に出ない神秘性が余計に興味をそそられましたね。特に歌に関しては、あの頃に帰りたいなあとかちょっと思ってしまいます(^w^;)>


さて、グッズプロット見て頂きありがとうございました。
あはは、細かいこだわりを感じて頂き嬉しいです。
けっこう漫画を描く人は細かい備品のプロットを立てていると思います。
武器は特に必須かもですね。

なんと、説明書に女神の腕輪とバンダナがあったんですねー。攻略本は見てたんですがそちらは見てなかったなあ・・。
アレンジになっていたのかな?そう言って頂けると有り難いです(^w^)
ちなみにぽえーんのリボンを頭にしても、どせいさんには変身出来ませんね☆

グッズにまで丁寧なコメントありがとうございました。

漫画はこれからネスとポーラのデートが続いていく予定です。この2人がラブラブになれるかは、私の興味と腕にかかっているので、どうしようかと考え中です(笑)

わあ、なかなか鋭いですね。
ストーンヘンジは、一番「ギーグに近い」ダンジョンだったので、ここからが、4人がギーグに真剣に向かうターニングポイントになったんじゃないかと思っています。
なので、彼らの意識も今までの楽しむ旅から、先へ進む旅に変化していったと。
ネスとポーラの変化もまさに、それですね。

では、ハローグッバイでちょっと異世界・・じゃなかった、漫画の世界に行ってきまーす(^^)v

応援まいどありがとう〜☆
Posted by エイト(こまめ) at 2019年06月09日 00:54
エイトさんはじめまして!
数年前に一読者として漫画を読んでいたききりぬと申します。

時が経つのは早いもので、有名なオールスター作品でネスを知り、MOTHER1+2や3を買って遊び、サーチサイトからエイトさんのHPを知った小学生の頃、いつもエイトさんの漫画の更新を楽しみにしていました。
それが引っ越しや進学であったり、また別の趣味を始めたりでいつの間にかMOTHER2から離れてしまい、再びこのサイトを訪れるのは成人してからとなってしまいました。

数年分のネスたちの冒険はどこか懐かしく、
Posted by ききりぬ at 2019年06月22日 11:00
ごめんなさい、途中送信してしまいました……
MOTHER2で遊んでいたあの頃、おさな心に「ぼくもこういう冒険をしたい!」と大興奮していたあの頃。
そんなことは結局叶いませんでしたが、エイトさんの漫画は私の青春で、大切な思い出です。

少し寂しいですけれど、ギーグ戦までの完結お疲れ様でした。そしてありがとうございました!
これからの更新も、子供の頃のぼくや懐かしい思い出達と一緒に楽しみに待ってます。
今年は特に天候や気温が落ち着かない年ですが、どうかエイトさんもお身体を大切にお過ごしください。
Posted by ききりぬ at 2019年06月22日 11:17
●ききりぬさん

超おこんばんは、エイト(こまめ)です。
そしてどうもはじめましてー(^w^)
そしてどうも、お久しぶりです!
そして一読者として漫画を見に来てくださり、そして再び来てくださりありがとうございます☆

やはり最近の方は、ネスをあの作品で知ることになるんですね。とても有り難いオールスターゲームの存在です☆
そんな頃からありがとうございます。小学生の頃は楽しい物には、一番熱が入りますよね。
マザーシリーズ制覇しつつ、こちらのサイトの漫画を見て頂いてとても嬉しく思います。

私もマザー2の良さを残したいというか、自分が見たいという気持ちで(ほぼ)描いていたのですが、他にも楽しんで見てくださる人がいることは、毎度とてもはげみになります(^w^)b

こちらのサイトも、移転やサービス終了などの、世間の変遷に合わせつつ、とりあえずギーグ戦を終わらせることが出来ました。再びききりぬさんが見て頂けるくらい、中身を進められていて良かったです。

ききりぬさんの数ある青春の一つに、こちらの漫画を選んで頂けてとても嬉しいです(^w^)
今のネット社会だからこそ実現できたような内容ですよね。10年以上分の漫画を常に見られる状況とか、すごいですね。
私自身も見返すたびに「あー、こんなことあったなあ」と懐かしく思うことばかりです(笑)

今でもマザー2があのゲームで重用されているのを見ると、この作品の持つ凄さというか、良さは少しでも残しておかなければいけないかと思います。なので、漫画もちゃんと終わりまで描かないといけませんね。


変な天候にはもう既に悩まされていますね((^^;)応援とお気遣いありがとうございます☆
ききりぬさんの思い出やあの頃の気持ちを大切に出来るよう、また更新を続けていきたいと思います。

そして見に来てくださりこちらこそありがとう!
また続きをお待ちください〜☆

Posted by エイト(こまめ) at 2019年06月30日 02:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: