2017年08月24日

どうもありがとうございます255

こんばんは、エイト(こまめ)です。
気づけばどうもありがとうございますも255まで来ました。
あとちょっとで300です。毎度ありがとうございます(^^)☆

さて、よく音楽を聞いていますが、最近はライブ映像を気に入って聞いたり見たりしています。
CD音源やシンセサイザーでのアレンジは綺麗なんですが、何か機械的に感じることもあって、最近は弾き語り、路上ライブ、熱気溢れるライブ映像を楽しんでいます。
特に路上ライブ等、現在いるアーティスト達のインディーズ時代の曲は臨場感溢れて楽しいですね。

さて、路上ライブで世間に出てきた人たちは沢山居ますが、代表は「ゆず」かな。
彼らは今現在も精力的に活動しているし、歌も良くて本当凄いなあと思っています。
「いつか」「からっぽ」「始まりの場所」「夏色」「春風」等いつ聞いても浸れますね。
特に好きなのは「今」です。今を大事に生きたい。と思いながら聞いています(^^)
初期の曲ばかりあげましたが、最近の曲はアレンジが別の方なので、それもまた新鮮な気がします。

路上ライブで欠かせないのはやはり奥華子さんですね。
彼女は一度コンサートにも行ったことがありますが、非常に綺麗な声とメロディに、その世界観に浸ってしまう自分がいました。
歌詞の付け方、音の流し方が非常に秀逸というか、恐らく彼女にしか作れない曲だなあと思って毎度聞いています。
代表作はアニメ、時をかける少女主題歌「ガーネット」で、映画の最後に流れるその演出が最高としか言いようがありません。時々奥さんのことは前ブログでも語っていましたが、ブログの記事が全てなくなってしまったのでこちらでもう一度。とにかく、全てが聞かせる曲というのが彼女の特徴だと(思って)います。

好きな曲は沢山あるのですが、最初に聴いた曲が思い出深いですね。
「帰っておいで」「花火」「ガーネット」「恋」「楔」「魔法の人」など。
一番好きなのはインディーズですがレイニー・デイ。私は音楽からインスピレーションを受けて漫画を描きますが、(内容は失恋の歌ですが)メロディ先行で漫画を描くので、歌詞無視で非常にノリノリで執筆したりします。この曲はオリジナルの「雨」を描いていたときに聞いていたので、(この話は普通にハッピーエンドですが)、色んな意味で思い入れも深いですね(^^)v
この人の曲を聴くと、もの凄いノスタルジックに浸ってしまうのですが、この声のせいでしょうか。
なんか不思議な世界に吸い込まれてしまいそうです(>w<)

というわけで、今回は奥華子さんのガーネットを。知っている人の方がもう多いかもしれませんね。


彼女の曲は弾き語りで聞くに限ります。というか弾き語りが最高ですね(^w^)

それでは拍手お礼です。毎度訪問および拍手をありがとうございます☆






続きを読む
posted by エイト(こまめ) at 23:37| Comment(0) | web拍手お礼

2017年08月18日

サイトの変遷

こんばんは、エイト(こまめ)です。
お盆も終わり、学生以外の皆さんは元の生活(?)に戻られた頃でしょうか。
まだまだ暑かったり変動的な天気に悩まされたりしますが、それでも一日一日を大事に過ごしていきたいものですね。

さて、友人と久々にサイトの話とかしてちょっと懐かしかった話を。
私が運営しているマザー2のサイトですが、作成当初からほとんど変えていないデザインになっています。
HTMLとしては超基本の表でのみ作っていて、色も単色の背景です。
マザー2が単色赤というわかりやすいデザインで良かったです(^^)☆

当時友人が、スタイルシートやフレーム、FLASH全盛の時代にずいぶんシンプルなのにしたね、と言っていましたが、このときはとにかく運営しやすいサイトにしたいというのが私の目的だったような気がします。
特にスタイルシートを使用したサイトは当時のPCによっては、変なデザインに変更されてしまったりしたので、ちょっと使うのを躊躇していました。
とりあえずマザーサイトは漫画を簡単に更新出来るようにしたかったので、古いPCでも見られるような、余計なものがないデザインにしました(^w^)
でもこれは今になって考えるとアタリだった気がします。
アップロードすらけっこう時間が取れないと徐々に感じるようになる今のことを考えると、ちょうどいい感じの判断だったのではないかと思います。

でも今現在はスマホが登場したために、当時主役だったFLASHを使用しないサイトが一般に求められるようになりました。これも仕方がないことかもしれませんが、見る画面が小さいため、逆に凝った作りのサイトは大画面仕様で作られていて古く感じる・・とか。当時の私たちが聞いたらびっくりするようなことばかりです。
友人曰く、「流行に乗るって本当に、新しいと古いを両方体験することになるよね。」まったくです。
当時非常にお洒落なサイトを運営していた友人でしたが、日々求められる自分のデザイン変更に飽きてやめたそうです。それでも今やっていたら自分のサイトはもの凄く時代を感じるだろうと。
昔流行った、マウスカーソルに光がついてくるとか、確かに懐かしい仕様かもしれませんけどね。
なにより、スマホで動作がまともに出来るかが不安だということです(^^;)

でも実際にはFLASHがモバイル用の開発を断念してしまったので、本当に終焉に向かってしまいました。
こんなに早くFLASHが終わりになる時代が来るとは驚きです。やはりAPPLE社のジョブズが一番の原因だったのでしょうか。

現在友人が新たに始めたブログは、ほとんど画像のないシンプルなものでした。
でもスマホとPC両方で見られて更新できると喜んでいました。
今は機能的に優れたサイトの方が便利な気がします。
もちろん動的サイトを作れるHTML5も登場していますが、また覚えると思うとなかなか大変ですね。

時代の変遷を感じますね。


posted by エイト(こまめ) at 01:55| Comment(0) | 雑談

2017年08月11日

どうもありがとうございます254

こんばんは、エイト(こまめ)です。
暑い日々が続いていますが、お盆休みに入り皆さん一息つかれていることでしょう。
学生さん達は夏休みまっただ中ですね。今のうちに羽を伸ばして楽しんでくださいね(^_^)v

さて、今回は8/7にコメントをいただいた方にこちらへ返信したいと思います。

まず、色々大変な中での訪問ありがとうございます(^^)
どこで知られたのかな?とは思いましたが、以前教育関係の仕事を確かにしていました。
友人に先生はけっこういますが、生徒に真摯に取り組む方に出会うのはなかなか難しいですね。

ただ、参考になるかは分かりませんが一例を。
私の友人にもの凄く指導熱心で頼りになる小学校の先生がいます。
その方が言うには、まず一番弱い人に合わせなさいと。
クラスで一番準備が遅い子がいれば、その子に合わせなさい。
早くできる子は、その子を手伝ってあげなさい。
その人はそういう指導をし、今までで学級崩壊が起きたことは一度もないそうです(^^)
ですが、その人は同職からは色々な嫌がらせを受けたり、八つ当たりをされたりすることも沢山ありました。
私が知る限り、毎年何かしら難題をぶつけられてきました。
町中にビラをまかれたり、警察に呼ばれたり、家庭でも裏切りがあったり。
どれもその人のせいではないのですが、取り巻く人々がやっかみですることばかりです。
でも、その人は非常に前向きで、あきらめない精神の人です。
だから、自分がどうしたらいいのか常に考え、後ろより前を向いて取り組むことを考えました。
でも時には悩んだり立ち止まったりして、友人に相談をしたりする。
魔女の宅急便のキキの言葉、「悩んだりもしたけれど、私は元気です」を地で行っているような人です。
でも、その人は立派な大人で先生をしていても、同期には「いじめ」まがいの嫌がらせをされます。
それでも生き方を曲げません。児童のために仕事をするのであり、同期のためにするのではないと、しっかり言っています。凄い人です☆

私自身も、順風万般に生きていたわけではなく、かなり個性的で不可解な人物だと思われていました(^^;)
ただ黙っていると嫌がらせを受けるので、しゃべるようにすると、今度はいじめをするタイプと話をする機会に会う。それのどうどう巡りで結局、自分の信念を貫こう・・となって今に至ります。
好き嫌いもはっきりあるし、言いたい言葉もたくさんありますし、言いたいことがあればどんどん言います。
ただ、言葉は選んで話します。最低限のマナーだと思いますが、言い方一つで言葉はどんな風にも転びます。

私もその人も長い付き合いの友人ですが、共通していることは、意見をきちんと言うことですね(^^)
私自身の経験によると、「沈黙は金なり」というのは場合によっては全く違っていて、黙っていれば相手は勝手に人のことを想像して来るというやっかいな代物だということが分かりました。
最低限でも自分自身を相手に伝えられる才能が大事であり、心理でいうどれだけ「自己開示」出来るかで、その人が相手に受け入れられるかが決まるような気がします。

「あなたがそんな人だとは思わなかった」という人がいますが、この場合は相手の人が全然自分を見せてこなかったか、自分がその人のことをそうだと勝手に思いこんでいたかのどちらかだと思います。


というわけで、生徒も児童も学生も皆そうですが、自分を見せることが出来る人はそう多くはないと思います。自分も経験がありますが、大抵はほとんどを見せたくないほうが主ではないでしょうか。
それでも、誤解を招かないように自分を見せ、自分の意見をきちんと相手に言えることがまず、子供達に必要なことだと思います。
人は色々好みはあるにせよ、前向きな思考の人は嫌いではないと思います。
後ろ向き思考は傷をなめ合うにはいいけれど、そのまま停滞しているだけかもしれませんし。

なので、夏休みがあけたらまず、なんでもいいから前向きになる話をしてみてはいかがでしょうか?
花が咲いて楽しかったとか、スマホゲームをクリアして楽しかったとか。
生徒や児童が「自分もしてみたい」と前向きになるような話を、何か考えてみると自分も楽しいかもしれませんね。

長くなりましたが、あまり深く考えすぎず、出来ることを考えてみてくださいね!
マザー2の漫画を楽しんでくださっているように、生徒さん達にもきっと楽しいことが見つかるはず!
・・ただ、マザー2は年期のある作品なので、分からない人の方が多いと思いますが・・。



それでは拍手お礼です。毎度訪問および拍手をありがとうございます☆(^^)

続きを読む
posted by エイト(こまめ) at 23:59| Comment(0) | web拍手お礼