2017年05月28日

PIXIVと論文について(この記事は期間限定です)

こんばんは、エイト(こまめ)です。
今回、某大学でPIXIV内における小説を題材にし、研究論文に記して晒したという記事が出ました。
こちらの記事を読んで、世間におけるある種の文化と、それを知らない人たちとの間の隔たりを強く感じ、ちょっと文章にしてみようと思いました。

まず、今回の研究論文を書いた人は、「同人社会」という物を理解していなさすぎると思いました。
研究対象に使うなら、同人文化をきちんと知らないといけないですね。
暗黙の了解、グレーゾーン、そして二次創作の許容範囲等、知らなければいけないことは沢山あったはずです。少なくともネット上の素材をを扱うなら、ネットモラル、リテラシーくらい理解しなくてはいけないのですが、そういう配慮とか考えはなかったのでしょうか。
ネットを使用する上で、今回の研究者があまりにも知識がなさすぎたというのが、まず感じたことです。

私も二次創作をしていますが、これは一次創作者の見逃しのお陰で出来ていることであり、グレーゾーンの恩恵に授かっているから出来ることです。でも、一次創作者の方に指摘されるならまだしも、何にも関係ない人に「批判されること」ではないです。
今回のR18作品を晒された方はまさに、何にも関係ない人の研究のために、批判対象のモデルのように掲載されてしまいました。(卑猥、有害等、悪い意味でしか取れない対象になっています)
結果、非常に趣味の悪い研究に晒されてしまったわけです。
現在論文は消えていますが、消せばいいという問題ではもう、ない気がします。

多くの人たちが言っているように、なぜ会員登録制の所からわざわざ作品を選んでくるのか、R18ならもっと目について迷惑なところにたくさんあるでしょうに、と言いたいですね(^_^;)
個人的にはネット上にまめに出てくる、ホラー・グロ漫画バナー、虐待漫画バナー、アダルトバナーの「卑猥掲載」の方を研究対象して欲しいところです。
それなのにアダルト関連を扱う企業を選ばず、趣味で書いている一般の人を対象にしている辺りも、なんだか研究者のおごりや見下しのような物をかんじてしまいます。

今回の件は研究者の下調べ不足が招いた結果であり、多くの人たちを敵に回し、そして倫理観を問われる形となったと思います。
ただ、こういう内容は大抵「法的には問題ない」というのが、加害した側であるにもかかわらず、強気に出る言い分のようですね。
でも倫理観無視なら、人間じゃなくても論文が作れそうと思ってしまいました。人間だからこそ、倫理で物事をセーブ出来るのになあ・・(^_^;)
また、法でも民放の著作者人格権における、名誉声望保持権には、今回の件は引っかかる気がします。
著作物の権利でなくとも、大学側を裁ける民法はいくつかあるのではないかな?

少なくとも、今回の件で、R18創作者も、PIXIVも相当な打撃を受けた気がします。会員を退会する人が増えたのではないのでしょうか。
極論ではないと思いますが、某大学がしたことは、コンビニの冷蔵庫に入っていたずらをした人たちと同じような、ある意味取り返しのつかないことに近いような気がします。

最後に、京大の先生の記事が非常にわかりやすく、良い内容だと思いました。
URLを以下に。見た方も多いと思いますが。

京大安岡先生の記事

どんな形式であれ、創作する人たちを悪意を持って晒す人たちは絶対に許せないです\(>_<)/
研究者達だって、自分たちも研究という「何かを作り出すこと」をしているのに。立場は違えど、作り出す人をけなすような人たちに、「研究」などに携わって欲しくないですね。
posted by エイト(こまめ) at 03:11| 雑談

2017年05月21日

どうもありがとうございます249

こんばんは、エイト(こまめ)です。
今週は色々色々忙しくて、一週間更新が出来ませんでした(^^;)
そして気温は上がり、暑い日々がやってきています。今年も夏ばてが早く来そう!
というわけでまた、がんばりまーす。


それでは拍手お礼です。毎度訪問、拍手等ありがとうございます(^^)v

続きを読む
posted by エイト(こまめ) at 15:20| Comment(0) | web拍手お礼

2017年05月13日

どうもありがとうございます248

こんばんは、エイト(こまめ)です。
なんだかとても忙しい日々になってしまいましたが、キアイを入れて頑張ります。
佳境はずーっと続きます(^^)◎毎度訪問および拍手等ありがとうございます☆

さて、漫画を描いているときは色んな曲を聴いていますが、ノリを高めるためにはアニメの曲を聞くことが多いです。新旧問わず聞きますが、一時期はとある科学の・・とジョジョのOPばっかり聞いていました。
最近はなぜかセーラームーンの曲を聞くといい感じになるので、聞いています。
特に、最後のシリーズセーラースターズの曲が好きかなあ。
実はセーラームーンの原作者は私の高校のOBなのですが、世代も違うので「すごい人がいた」という話題になっていたのを思い出します。
地元は水晶や宝石を扱う店が多いので、作者がそこで色んな宝石の名前を漫画に取り入れたと聞きました。
リメイクセーラームーンのタイトルがクリスタルなのも、作者のこだわりなんだろうなあ〜(^^)v
ただ、私は漫画ではなくアニメから入ったので、あのアニメのセーラームーンの絵でないとなんだか違うもののような気がしてしまいますね。初期のキャラデザ只野さんの功績は大きかったですね。

意外に自分の母校の卒業生に有名な漫画家がいたりしますね。
ど根性ガエルと、エースをねらえの作者も地元の方のようで、調べてみると面白いですね(^w^)

というわけで、セーラースターズ&セーラームーンの曲を

映像はとっても懐かしいですね。

それでは拍手お礼です。毎度訪問ありがとうございます(>w<)


続きを読む
posted by エイト(こまめ) at 23:58| Comment(0) | web拍手お礼